香りの科学で心と体のコントロール

香りと脳科学

五感のなかで嗅覚だけが、脳にダイレクトに作用する

五感の中で嗅覚だけが、本能にダイレクトに作用する

2004年、世界で初めて『嗅覚』が脳に与えるシステムを解明したことに対し、米国のリチャード・アクセル氏とリンダ・バック氏の両氏にノーベル医学生理学賞が授与されました。

彼らの研究で聴覚や視覚が知的行動を司る大脳皮質を経由するのに対し、人間の五感の中で、『嗅覚』だけが、本能の脳と呼ばれる、『大脳辺縁系』にダイレクトに作用することが分かってきました。

動物脳が刺激され、理屈ではなく自然と体が反応する

大脳新皮質は、理性や知性を司る「考える脳」です。
「こんなことでイライラしちゃダメだ」とか「やる気を出さなきゃ」といった理性的な思考は、すべてここで生まれます。理性的な思考からくるストレスもここで発生します。

一方、香りが直接作用する大脳辺縁系や間脳などは「動物脳」と言われます。脳の中心部にあり、本能や無意識の活動に関わる機能を有しています。

この部位は自律神経の中枢部で、リラックスやストレスの反応、ホルモンなど内分泌系の機能をコントロールする場所でもあります。
無意識のうちに活動する脳内の指令や体の感覚に直接影響するため、香りによって刺激を受けると、知らず知らずのうちに心身が整っていくのです。

心身の状態をコントロールする「香り」の開発に成功

サーキュエッセンス

リラックスと集中が同時に起きる「α波優勢」状態

人がスポーツや仕事において最高のパフォーマンスを発揮できる時、脳はα波が優勢な状態になっています。

それは分かりやすく言えば、リラックスと集中が同時に起こっている脳内の状態を言います。

しかし、脳波がα波優勢の状態になるには、瞑想や、プロのスポーツ選手が行うメンタルトレーニングを受けるなどの訓練が必要です。

いつでも「α波優勢」状態を引き出せる香り

当社は、訓練を必要とせずにα波優位の状態をいつでも呼び起こす香り「サーキュエッセンス」を開発しました。

また、当社の香りは脳波だけでなく、自律神経、体温にも影響することが分かりました。

お気軽にお問い合わせください TEL 078-762-3666 受付時間 10:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © アモアプリーズ株式会社 All Rights Reserved.